So-net無料ブログ作成
検索選択

天皇賞 撃沈 [競馬の時間]

全くもってウォッカとダイワの強いこと!

完敗です。

ウォッカももちろんの事

ダイワの強さは異常です!

だって初コースで休み明け、今までに無いペースを

走った上での2センチ差ですから

次走有馬記念はマツリダゴッホも危うしです。

サクラに関しては

最初の位置取りでレースが終わっていたと思います。

ダイワはしょうがないとして

ウォッカ、ディープ、エアシェイディより後ろの位置取りでは

届きようもありません。

もっと前々で競馬をしてくれるもんだと思っていた

私の見込み違いでした。

まあ前向きに考えてみれば、このメンバーで6着に来たわけで

2000mでもベストタイムを出したわけですから

これで輸送の心配は無くなったというか・・

次走はなんとしても前々で競馬してもらいたいもんです。

オーナーも厩舎も善戦するために走らせているわけではないはずです。

もちろん騎手も負けようと思って走っているわけではないのでしょうが

今年の福永騎手はどうも消極的な騎乗が多い気がしてなりません。

馬券を買っている人に「そこまでして負けてしまうならしょうがない」

といった納得のいくレースをして下さいね

福永さん!!

あと今週のアルゼンチン共和国杯

アルナスラインで軸は決まりなので(言うまでもありませんが)

ヒモ荒れを期待して今週の分を取り戻さなければ・・・




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。